• トップ /
  • 不動産の相談をするメリット

不動産の疑問点を解消できる

不動産のことについて疑問が生じた場合は、相談をすることで疑問点を解消することができます。例えば、相続や売却などをする時には権利関係や税金についての問題が生じます。それは、疑問を残しておくと自分に不利に働いてしまうことがあることを意味します。そのため、疑問があれば相談をして解消しておくことがおすすめです。これらのことについて相談をするのに適しているのは、不動産屋や弁護士、税理士等です。日常的に多くの案件をこなしているため、的確なアドバイスをもらえます。ただし、どれを利用するかは、自分の疑問点に合わせて選ぶ必要があります。

不動産の相続について

不動産の相続は持ち主が死亡したあとその名義変更を行うことで実現でき、その際登記を行っておくほうが良いとされています。これを行っていない場合には次の同じ機会がおとずれたときに誰の所有であったかわからずにもめるもとにもなります。不動産の名義を変更するには関係者全員で話し合いの機会を持ち遺産分割協議を行います。実際に集まる必要はなく手紙とか電話を使って、あるいはメールでも用事を足すことが出来ます。そして全員で協議したことの文面と、物件の住所や面積を明記し、あるいは登記事項証明書を添付しても良いことになっています。必要書類を揃え登記を行います。

↑PAGE TOP

Menu