• トップ /
  • 不動産を相続した際の手続き

不動産の相続登記をする

相続により取得した不動産は、取得した人の名義に変更する必要があります。その登記手続きは、まず登記申請書を用意します。申請書はひな型を参考に作成しますが、登記の目的やその原因、申請人、登録免許税などを記入します。そして、死亡した人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本と住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書と住民票、不動産の固定資産税評価証明書などを用意し、固定資産税評価額の0.4%の登録免許税とともに提出します。また、登記手続きをしなかった場合でも罰則があるわけではありませんが、売却する事はできませんし、その人が死亡した場合は権利関係が複雑になるなどデメリットがあります。

不動産を相続したらしたいこと

人は、さまざまな事情で不動産を得るものですが、その中には相続という理由もあるのではないでしょうか。自分から求めて得たものと違って、親などから受け継いだ場合には、それに利用価値があるかどうかが問題となります。すでに自宅がある場合には、住宅が二件あっても両方に同時に住むわけにはいきません。また、そのまま放置すると、家というものはすぐに傷み始めてしまうものなので危険です。そこで、もしも実家の不動産を得た場合には、自分が居住しないのであれば、早急に専門家に相談して、賃貸物件としたり、売却物件とすると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Menu